オナ禁教

禁欲をすることで性欲をはじめとする煩悩を超越し、人生を充実させることを目的とする場

ヒトラーが多くの人間を惹きつけた理由

スポンサーリンク

ヒトラーと禁欲についての話をしようと思う。

ヒトラーの青年時代の親友にアウグスト・クビツェクって人がいるのだけれど、二人はよくリンツの歌劇場に仲良く通っていた。そして、劇場での休憩時間に二人はよくロビーをうろうろしてたのだけれど、ある日、クビツェクはその際に女の子や婦人達の視線に気付いたのだった。

クビツェクは、この何か興味ありげな視線が、最初は自分に注がれているのか、ヒトラーに注がれているのかわからなかった。もしかしたらこの視線は僕に対するものかも・・とかヒトラーよりもイケメンのクビツェクは思ったりしていた。

しかし、よく観察すると、クビツェクはすぐに気づいてしまった。この視線は自分にではなくて、ヒトラーに向けられていたものなんだということが。
ヒトラーの服装はとても質素で、態度も控えめでそっけない感じだったらしいのだが、ご婦人にはとっても人気があって、時々振り向いて彼を見る婦人すらいたくらいだったという。

これらの出来事から、クビツェクははっきりと理解した。つまり、ヒトラーは強い女運を持っていて、しかも驚いたことに彼はまったくその幸運を利用しようとしないということに。ヒトラーは大都市のさまざまな性的倒錯に強い嫌悪ををもって立ち向かっており、オナ禁をかなり長期に渡って実践していた。

いったい女性達はヒトラーのどこにそれほど魅力を感じるのだろうとクビツェクは当時よく自問した。確かにヒトラーは均整のとれた顔立ちですらりとした若者だけど、一般的に美男子と呼ばれるほどの容姿でもなかった。もしかしたら、並外れた明るい目に彼女達は惹かれていたのかもしれないとクビツェクは感じていた。
また妙に厳しく、禁欲的な表情に惹かれるのかもしれない。いずれにせよ、教師や教授などの男性とは反対に、女性達は非常に早いうちからヒトラーの中にある特別なものを感じ取っていた。

ちなみにこれらはヒトラーが15~21歳ころのエピソード、まだだれも彼をしらない無名の時代。ヒトラーは完全なオナ禁主義者だったのだ。