読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナ禁教

禁欲をすることで性欲をはじめとする煩悩を超越し、人生を充実させることを目的とする場

悟りのプロセス

スポンサーリンク

ここに愚者と智者のふたりがいたと想定しよう。

愚者は、例えばここでみかんを一個買う。それを食べて、そのおいしさを味わったとしよう。
次の日も二個 三個四個と買って飽きるまで食べる。
そして、みかんに飽きる。もはや美味しくはない。次はりんごにしよう。彼はりんごを食べる。飽きるまで食べる。
次はももだ。ももで同じことを繰り返す。

ここで、智者だったらどういうプロセスを辿るだろうか。その人は、みかんに飽きたとき、「なぜ私はみかんに飽きたんだろう?」と考える。
そして、「私は今度は、りんごを食べたいと思っているけど、ひょっとしたらりんごにも飽きるんじゃないか。」っという考えに至ることだろう。
そして、りんごに挑戦するとき、 「その時の心の変化をできるだけ客観的に見ていこうじゃないか。」と決心する。そして、りんごを食べていきながら、個数を増やしていきながら、心の変化を理解していく。
そうすると、みかんとりんご、これくらいで飽きる経験はすんでしまうわけだ。飽きる経験がすんでしまうから、次のももまでいかない。いく必要がないのである。
みかんやりんごが、車に変わっても同じだ。例えばポルシェカイエン、例えばベントレー、例えばマセラティ。初めにポルシェカイエンに乗っていて、飽きてベントレーにする。次はマセラティにしてみる。これとみかん、りんご、もものプロセスは全く同じだ。
エーブイ女優について考えても同じだ。橋本ありな、川村まや、立花はるみと心が移っていくプロセス、これも全く同じだ。

したがって、我々は、もし、みかんで心の動きを理解したならば、車に対してもエーブイ女優に対しても、惑わされることはないだろう。その時、自ずと悟りが訪れる。
急に、「悟り」なんて言葉がでてきて驚かれたかもしれない。もしかしたら、あなたはみかんや車やと悟りが、なにやらつり合わないような気がするかもしれない。
しかし、悟りとは心の動きを客観的に見て理解できる状態のことなのだ。これが悟りのプロセスである。