オナ禁教

禁欲をすることで性欲をはじめとする煩悩を超越し、人生を充実させることを目的とする場

自分を信じることができないから他人を信じることもできない

先日、街コンで二次会にいった子たちとまだLINEが続いている。連絡先交換後、秒速で3人からブロックされたあの頃と比べると、これは進歩と言っても良いのではないだろうか。

www.sekaihaasobiba.com


これがオナ禁による効果なのか何なのか正直よく分からない。


はっきり言って恋愛が苦手である。

理由は簡単で、恋愛はあらゆる自己嫌悪の源泉だからである。
恋愛らしきものをしているとき、僕は自分を醜いと思わない日はない。いや、完全に舞い上がって「オレ超ハッピー!」って瞬間はある。
むしろ、それが問題なのである。そんな自分を次の瞬間自覚して厭な汗をかく。気が滅入る。例えば誰かを好きになったとき、その誰かと仲良くなる過程は異常に愉快である。けれども、同時に自分がいかに姑息で打算的な人間かを思い知らされる。僕は自分が相手を気持ち良くさせるとき、それは自分が気持ちよくなりたいためだと知っている。極めて不愉快な自覚である。


私の動かなくなった原因の主なものは、全くそこにはなかったのです。
叔父に欺かれた当時の私は、
他の頼みにならない事をつくづくと感じたには相違ありませんが、他を悪く取るだけあって、自分はまだ確かな気がしていました。
世間はどうあろうともこの己は立派な人間だという信念がどこかにあったのです。それがKのために美事に破壊されてしまって、自分もあの叔父と同じ人間だと意識した時、私は急にふらふらしました。
他に愛想を尽かした私は、自分にも愛想を尽かして動けなくなったのです。私はただ人間の罪というものを深く感じたのです。


自分は結局のところセクロスしたいとか、相手の好意を独占したいとか、交際相手のいる自分でありたいとか、そういった諸々の下心のために、恋人にしようとしているのではないか。この焦がれるような相手に対する欲は、つまるところ、所有欲や肉欲の類でしかないのではないか。
こんな風にすぐさま自分の下心を探り当ててしまうような歪んだ人間に、恋愛みたいなものは向かない。僕は僕に対して誰よりも懐疑的である。それは結局、自分ばかり見ている証拠でもある。それだけ自己愛が強いのだろう。自己愛が強すぎるせいか、ときに勝手な自己投影を暴走させたりもする。すると、恋愛中の自分を醜く感じるのと同じように、自分に恋してくれている相手までが醜く感じられてくる。相手の言葉までが自分の言葉がそうであるように打算的に聞こえてくるのだ。いかにも病的である。

人間を愛し得る人、愛せずにはいられない人、
それでいて自分の懐に入ろうとするものを、
手をひろげて抱き締める事のできない人、
――これが先生であった。

自分を信じることができない人間は他人を信じることもできない。他人を信じるには、自分も信用に値する人間になるしかない。そのためにはやはりオナ禁なのだと思う。口ではどんな綺麗事を並べようと、人の目につかぬところでせっせとソーセージをしごいているような人間は醜い。自己嫌悪の呪縛から解き放たれ、自己肯定感を高めるにはオナ禁日数を積み上げていくしかないのだ。

こ、これがオナ禁の力なのか..?

この度懲りもせず、また会社の同僚Fと街コンに参加した。正直、街コンは当分いいや、と思っていたけれど結局参加することにした。

手ごたえはこれまで参加してきた街コンの中でも最悪だったと思う。どの席でも会話はあまり盛り上がらなかったし、連絡先を交換しようという雰囲気すら作れなかった。

これで、今日も高い参加費だけ払って何の収穫も無しか...とか思いながらダメ元で、帰り際に最後に話した女の子2人組を2次会に誘うと、なんと応じてくれたのである。これまでは2次会に誘っても「用事があるんで」とか「電車の時間が」とか言われてあしらわれたことしかなかったのだけれど、快く飲みの誘いに付き合ってくれた。しかもこの2人、初参加で結構遠方から来ているらしく、かつ今回の街コンは夜に行われたので終電を理由に断られる可能性は大であったはずなのに、ほいほいとついてきてくれた。

終電ギリギリまで飲んで会話もそこそこに弾んで連絡先交換もすることができた。

連絡先交換はしたものの、まずこちらから送って、社交辞令の挨拶が返ってきて、デートを匂わせるとフェードアウトされるっていうのが今までの典型的なダメパターンだったのだけれど、今回はこちらが送る前に女性側からLINEの連絡が来た。これも今までにはなかったことである。そして、なんの雑作もなく次回2対2で飲みに行く約束をこぎつけることができた。

それでも、これが単純に好意によるものなのか、あるいはもっと別の何かなのか、まだ図り損ねている。私の女性に対する疑心の根はそれほどまで深い。なんの興味も無い人間と酒を飲みに行く。これがあるから女性は侮れないのである。

いずれにせよ検証のためにオナ禁は継続していく。

先生は何時も静かであった。ある時は静過ぎて淋しい位であった。私は最初から先生には近づき難い不思議があるように思っていた.それでいて、どうしても近づかなければいられないという感じが、何処かに強く働らいた。こういう感じを先生に対して有っていたものは,多くの人のうちで或は私だけかも知れない。然しその私だけにはこの直感が後になって事実の上に証拠立てられたのだから、私は若々しいと云われても,馬鹿げていると笑われても,それを見越した自分の直覚をとにかく頼もしく又嬉しく思っている。人間を愛し得る人、愛せずにはいられない人、それでいて自分の懐に入ろうとするものを、手をひろげて抱き締める事のできない人、― これが先生であった.


オナ禁をする理由は人それぞれであるが、おそらくはほとんどの人がモテたくてオナ禁をはじめる。
しかしモテても非モテでも幸福になれること。それが真にオナ禁の目指すところである。すなわちオナ禁とは性欲の超越である。性欲は満たすことができれば幸福であるが、満たすことができなければ不幸せである。しかし、仮に満たすことができたとしても、これらは永遠ではない。美人も美男子もいずれは老い衰え醜くなる運命である。内なる絶対的な幸福は、性欲も含め、いかなる娯楽でも得られない。オナ禁により性欲を超越したその先に絶対的幸福は存在するのである。

ビタミンD良いよビタミンD

オナ禁の効果の一つに「テストステロン値を上昇させる」というものがある。男性にとってテストステロンは非常に重要なホルモンであり、これが低下すると腹が出た干からびたおっさんに成り果てる。

テストステロン値が高い人間の例としては、本田圭佑やスティーブ・ジョブズなどが挙げられる。彼らは心に決めたことは何でも実現できると自分にも他人にも信じ込ませる「現実歪曲空間」を創り出す類稀なる能力を持っている。彼らは自分の理想や思ったことは何でも実現させなければ気が済まない人間であり、実際に思い通りに実現させる人間が彼らなのである。人間の性格や行動のほとんどは無意識によってつくられており、その無意識はホルモン分泌の優劣によって左右される。

本田圭佑は幼稚園児の頃から、組織としてうまく機能するように、他の園児たちの遊び場や配置などを命令し、従えていたという。本田はこれを誰かから強要されたり、教えられたわけではない。このようにして生まれつきテストステロン値の高い人間は向上心が高く、支配的でリーダーシップに長けている傾向にある。

手しごきをすれば、テストステロン値が低下するのでエネルギッシュさも同時に失われていく。エネルギーが無いから、何もする気が起きず、何もしないからますますテストステロン値が低下するという負のスパイラルに絡めとられ、次第に手しごきに逃避するようになる。

それを断ち切るにはまずはオナ禁。なにはともあれオナ禁である。そして、そのオナ禁をサポートするのが他でもないビタミンDである。


ビタミンDは、ほかのビタミンとは別格で、ホルモンに匹敵するほどの重要な役割を持っていると言われている。


ビタミンDの驚くべき医療効果_CBN


最近の画期的な研究では、ビタミンDのレベルを高めると遊離テストステロンが増大することが明らかにされている。
英国マンチェスター大学による臨床試験論文では40歳から79歳の男性の大集団を対象に、ビタミンDとテストステロンレベルの関係を調べ、ビタミンDが欠乏した男性群(20ng/ml以下)は遊離テストステロンのレベルが低いことが分かったという。生殖機能が低いと共に、ビタミンD欠乏の男性群は体脂肪が多く、心血管疾患の頻度も高く、憂鬱症にかかりやすいことも明らかになった。
それに反し、ビタミンDが十分(30ng/ml以上)な男性群はテストステロンレベルが高く、脂肪の低い体組成で、除脂肪筋肉の割合も高く、総体的に健康状態が良好という結果だったのだ。
また、オーストリアグラーツ大学医学部の研究によると、テストステロンレベルが低くかつビタミンDが欠乏した男性群に、毎日ビタミンDを3,332IU(またはプラセボ)1年間投与したところ、1年間でビタミンDのレベルが2倍に高まり、十分な範囲(36ng/ml)まで達することを確認した。
ビタミンDを摂取した男性群は、研究終了時にはフリーテストステロンのレベルが20%高まっており、プラセボ群はテストステロンレベルにもビタミンDレベルにも変化はなかったのだという。

Association of hypogonadism with vitamin D status: the European Male Ageing Study. - PubMed - NCBI
Effect of vitamin D supplementation on testosterone levels in men. - PubMed - NCBI



ただしビタミンDには過剰症も認められているので、サプリメントなどで摂取する場合には十分注意されたい。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

過ぎ去りし日

手しごきを覚えるまでの俺。こんなもんじゃなかった。希望に満ち溢れていた。イケイケルンルンルンだった。全てが可能に思えたあの幸福の時。手しごきを覚えてから俺の人生に翳りがみえはじめた。女に気持ち悪がられるようになった。勉強に集中できなくなった。仕事でも同僚たちに水をあけられた。

手しごきを覚えたあの日から何一つうまくいかなくなった。乾ききった日常を埋めるために毎日毎日ソーセージをしごくことに必死で、ほとんど成功体験を積むことができないままここまできてしまった。

手しごきさえなければ俺の人生はもっと光り輝いたものになるはずだった。手しごきをはじめたばっかりにクソみたいな人生ゲームをプレイさせられている。今からでも遅くはない。オナ禁をはじめよう。いつまでも過去に執着したところで、過ぎ去った日々は取り戻せない。

オナ禁で全てを取り戻そう。

明日のために。

オナ禁をすれば人生が変わる

成功した人生を送る人に共通する要素が2つある。一つは自分に「自信を持っている」こと。もう一つは意志力である。人生を変えるにはこの2つが不可欠である。

そしてオナ禁を成功させることはこの2つを手に入れることに等しいと言える。オナ禁を持続させるには意志力が必要である。ダイエットをするにもお金を貯めるにも、試験に合格するにも、何か目標をもってそれを成し遂げるためには、継続させるための意志力が必要である。オナ禁をすることで意志力が鍛えられるのだ。また、オナ禁を長期継続できるようになってくると、自分の弱さに負けなかったこと、意志力を鍛えられたことが自信につながる。オナ禁は苦しい。苦しいが故に長期継続できたとき自信につながるのである。つまり、オナ禁をすることで成功体質になれるのだ。

人間だれしも得手不得手があり、能力にもそれなりにばらつきがある。だが、どれだけ能力が高くても意志力が弱ければ何も成し遂げることはできないし、自信がなければ能力を存分に活かすことも難しくなる。逆に能力には恵まれなくても、意志力が強ければ日々の積み重ねで少しずつ向上していくことができる。

「人は習慣の奴隷」という言葉がある。習慣がその人間をつくると言っても過言ではない。イチローが第一線で活躍を続けるのはバットを振ったり、トレーニングをする習慣を欠かさないからである。イチローは習慣の偉大さを知っているのだ。
人生を変えたかったら、良い習慣を取り入れる前に、まず悪い習慣を断ち切らなければならない。どれだけ良い習慣を取り入れたところで悪い習慣を断ち切らなければその効果は相殺されてしまう。日々練習に明け暮れているマラソン選手が煙草を吸っているようなものである。まずはオナ禁。自分に自信と意志力が身につけば、継続的に物事に取り組めるようになる。継続的に物事に取り組めるようになれば、それがまた自信になる。オナ禁をすればそのような良い循環が生まれる。全てはオナ禁からはじまる。オナ禁は悪い習慣を断ち切ることでもあり、良い習慣が取り入れられるきっかけにもなり得るのである。

オナ禁の効果を加速させる方法

前回の「オナ禁で得たもの」という記事で、オナ禁は高次脳機能を司る前頭葉を鍛えるということを説いた。今回はこの効果をさらに加速させるための習慣を書いていく。

まず、一つが「瞑想」である。瞑想には宗教的なイメージがつきまとうが、海外では瞑想の科学的研究が盛んであり、近年MRIなどにより、瞑想の効果が実証され、企業でも取り入れられている。

瞑想をすると、感性が鋭くなる、感情のコントロールができるようになり、性格が穏やかになる、集中力がつく、心身が強くなる、などの効果があると言われているが、いずれも前頭葉の機能が関係している。

ここ数年、最先端の神経科学が、瞑想の効果を客観的に証明するようになってきている。
米ハーバード大学におけるサラ・ラザール博士の研究によると、瞑想を10~20年続けている人と、一般の健常者の脳をMRIをつかって比較したところ、瞑想をする習慣のある人の脳は二カ所で厚みが増していたという。
厚くなっていた部分の一つは「島」と呼ばれる、喜怒哀楽、快・不快、恐怖などの感情や気分をつくることに関わる部位である。
もう一つは「背内側前頭野」という部分で、思考や感覚を客観的に観察することに関わっています。パニック障害の人は、この部分が委縮し血流が悪くなっているといわれている。
つまり、瞑想を続けると、恐怖が和らぎ、快い感情の中にいられるようになり、思考や感覚を客観化することも上手くなるので、人間関係もうまくいくようになる。

また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究によれば、長期に渡って瞑想を行っている瞑想者を対象に、MRIを使って調べたところ、いずれの瞑想者も、記憶力や集中力を司る「海馬」と、感情を統制する「眼窩前頭皮質」が、瞑想を行わない人よりも大きいことが判明している。


瞑想でやることはきわめてシンプルである。目を閉じて、湧き上がってくる雑念を追いかけないようにして、呼吸に集中する。これだけである。雑念が生じている自分に気づく。呼吸に集中しなおす。雑念が生じている自分に気づく。呼吸に集中しなおす。これを繰り返すことで前頭葉の機能であるメタ認知能力や感情をコントロールする力や集中力が向上していくのである。

重要なのはオナ禁と同様、継続することである。瞑想を継続することで、オナ禁も継続していくことだろう。

その他前頭葉を鍛える方法については以下の記事を参照されたい。

www.sekaihaasobiba.com

オナ禁で得たもの

www.onakinkyo.com

id:xiao_xiao_liuさんよりコメントにてオナ禁効果一覧と照らし合わせて僕自身、どのような効果があったかの問い合わせがあったので答えていきたいと思う。


特に効果として実感したのは、「目覚めが良くなる」「痩せてくる」「睡眠時間が減る」「頭が冴える」の4つである。手しごきをやめてから朝起きるのが本当に楽になった。以前は、十分な睡眠時間を確保していても日中頭が重かったり、眠たくなることも多かったのだけれど、それも少なくなった。今までは寝ても寝てもどこか疲れが取れない感じがあったのが、オナ禁をはじめたことで睡眠時間が減っても平気になったのである。また、オナ禁をはじめたことで、会話における言葉の詰まりが少なくなり、言語流暢性が増した。

次に、「痩せてくる」であるが、これはオナ禁そのもので痩せるというよりは、オナ禁をすることで自己コントロール能力が向上するので、食欲をコントロールすることが容易になり痩せてくるといった感じである。事実オナ禁をはじめてから体重が3キロ痩せた。今まで暴走する食欲を抑制できなかったのがオナ禁をはじめたことで我慢できるようになってきた。

人間誰しも、喫煙や暴飲暴食など、身体に良くないとわかっているけれどやめられないものが一つや二つあるものだ。しかし性欲という巨大な欲望がコントロールできるようになれば、それ以外の欲望をコントロールをすることも上手くなってくる。

人間の最も高次の脳領域である前頭葉は行動の「抑制」を司っている。前頭葉が損傷すると抑制が利かなくなる。手しごきをやめられないオナ猿は前頭葉が弱っている状態だと言える。やらなければならないことがあるのに、ついついネットサーフィンをしてしまったり、太りすぎているのに食べ過ぎてしまったり、すべては行動を制御する前頭葉が、欲望を司る原始的な大脳辺縁系に負けてしまっていることから生じる。オナ禁をすれば前頭葉が鍛えられ、目標達成に不要な欲望を抑制できるようになり、いろんな目標を達成できるようになる。

オナ禁をはじめたばかりの頃は少し辛いかもしれないが、オナ禁に慣れてくれば、むしろオナ猿に戻ることのほうが辛くなってくることだろう。