読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナ禁教

禁欲をすることで性欲をはじめとする煩悩を超越し、人生を充実させることを目的とする場

オナ禁の効果を加速させる方法

前回の「オナ禁で得たもの」という記事で、オナ禁は高次脳機能を司る前頭葉を鍛えるということを説いた。今回はこの効果をさらに加速させるための習慣を書いていく。

まず、一つが「瞑想」である。瞑想には宗教的なイメージがつきまとうが、海外では瞑想の科学的研究が盛んであり、近年MRIなどにより、瞑想の効果が実証され、企業でも取り入れられている。

瞑想をすると、感性が鋭くなる、感情のコントロールができるようになり、性格が穏やかになる、集中力がつく、心身が強くなる、などの効果があると言われているが、いずれも前頭葉の機能が関係している。

ここ数年、最先端の神経科学が、瞑想の効果を客観的に証明するようになってきている。
米ハーバード大学におけるサラ・ラザール博士の研究によると、瞑想を10~20年続けている人と、一般の健常者の脳をMRIをつかって比較したところ、瞑想をする習慣のある人の脳は二カ所で厚みが増していたという。
厚くなっていた部分の一つは「島」と呼ばれる、喜怒哀楽、快・不快、恐怖などの感情や気分をつくることに関わる部位である。
もう一つは「背内側前頭野」という部分で、思考や感覚を客観的に観察することに関わっています。パニック障害の人は、この部分が委縮し血流が悪くなっているといわれている。
つまり、瞑想を続けると、恐怖が和らぎ、快い感情の中にいられるようになり、思考や感覚を客観化することも上手くなるので、人間関係もうまくいくようになる。

また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究によれば、長期に渡って瞑想を行っている瞑想者を対象に、MRIを使って調べたところ、いずれの瞑想者も、記憶力や集中力を司る「海馬」と、感情を統制する「眼窩前頭皮質」が、瞑想を行わない人よりも大きいことが判明している。


瞑想でやることはきわめてシンプルである。目を閉じて、湧き上がってくる雑念を追いかけないようにして、呼吸に集中する。これだけである。雑念が生じている自分に気づく。呼吸に集中しなおす。雑念が生じている自分に気づく。呼吸に集中しなおす。これを繰り返すことで前頭葉の機能であるメタ認知能力や感情をコントロールする力や集中力が向上していくのである。

重要なのはオナ禁と同様、継続することである。瞑想を継続することで、オナ禁も継続していくことだろう。

その他前頭葉を鍛える方法については以下の記事を参照されたい。

www.sekaihaasobiba.com

オナ禁で得たもの

www.onakinkyo.com

id:xiao_xiao_liuさんよりコメントにてオナ禁効果一覧と照らし合わせて僕自身、どのような効果があったかの問い合わせがあったので答えていきたいと思う。


特に効果として実感したのは、「目覚めが良くなる」「痩せてくる」「睡眠時間が減る」「頭が冴える」の4つである。手しごきをやめてから朝起きるのが本当に楽になった。以前は、十分な睡眠時間を確保していても日中頭が重かったり、眠たくなることも多かったのだけれど、それも少なくなった。今までは寝ても寝てもどこか疲れが取れない感じがあったのが、オナ禁をはじめたことで睡眠時間が減っても平気になったのである。また、オナ禁をはじめたことで、会話における言葉の詰まりが少なくなり、言語流暢性が増した。

次に、「痩せてくる」であるが、これはオナ禁そのもので痩せるというよりは、オナ禁をすることで自己コントロール能力が向上するので、食欲をコントロールすることが容易になり痩せてくるといった感じである。事実オナ禁をはじめてから体重が3キロ痩せた。今まで暴走する食欲を抑制できなかったのがオナ禁をはじめたことで我慢できるようになってきた。

人間誰しも、喫煙や暴飲暴食など、身体に良くないとわかっているけれどやめられないものが一つや二つあるものだ。しかし性欲という巨大な欲望がコントロールできるようになれば、それ以外の欲望をコントロールをすることも上手くなってくる。

人間の最も高次の脳領域である前頭葉は行動の「抑制」を司っている。前頭葉が損傷すると抑制が利かなくなる。手しごきをやめられないオナ猿は前頭葉が弱っている状態だと言える。やらなければならないことがあるのに、ついついネットサーフィンをしてしまったり、太りすぎているのに食べ過ぎてしまったり、すべては行動を制御する前頭葉が、欲望を司る原始的な大脳辺縁系に負けてしまっていることから生じる。オナ禁をすれば前頭葉が鍛えられ、目標達成に不要な欲望を抑制できるようになり、いろんな目標を達成できるようになる。

オナ禁をはじめたばかりの頃は少し辛いかもしれないが、オナ禁に慣れてくれば、むしろオナ猿に戻ることのほうが辛くなってくることだろう。

オナ禁効果一覧

オナ禁をはじめようかと考えている人のためにオナ禁の効果一覧を記しておく。

01~10日

・抜け毛が減る
・ヒゲが薄くなる
・目覚めが良くなる
・肌質が良くなる

11~30日

・行動力が上がる
・明るく前向きな性格になる
・胸がドキドキする
・異性の友達が増える

30~50日

・3時間睡眠で十分になる
・怖いものがなくなる
・想像力が増す
・運が良くなる
・女の子にモテるようになる
・顔付きが変わる

51~70日

・痩せてくる
・ナンパされる
・女の子から誘いがくる

71~90日

・思慮深くなる
・物事の本質がとらえられる
・思考が変わり別人になる
・人を見分ける能力開花
・女性の気持ちが理解できる
・勘が鋭くなる
・良い女性の見分けがつく


精神的効果として
・前向きな思考(ポジティブ)になる
・自分に自信がつく
・コミュニケーション能力が上がる
・頭が冴え、発想力が上がる
・女性に対して、自然な会話、態度がとれる
・物事に集中できるようになる


これらの効果は、記載されている日数続ければ必ず起こるわけではなく、当然個人差がある。ただ、オナ禁をしたことのない人にとってはどんな効果があるかあらかじめ知っておくことはオナ禁を続ける上でモチベーションアップにつながると思うので参考にしてほしい。全てとはいかないかもしれないが、続けていれば必ず上記のいずれかの効果を実感することができるはずだ。

オナ禁が育む慈悲の心

オナ禁は習慣化するまでとても辛く苦しい。

しかし人は苦しみを経験してこそ、他の苦しみを理解することが出来る。苦しみが、人にとって一番大切な慈悲の心の源になるのではないだろうか。

世俗的な幸福というのは、多かれ少なかれ奪い合いの様相があって、金も、異性も、名誉も、自分が他に勝って、それらを得る喜びの裏には、負けた他が、それらを失う苦しみがあり、逆に言えば、自分が負ける苦しみの裏には、他人が得る喜びがあるといえる。

慈悲の心があれば、自分の苦しみは、自分が他から奪いすぎないで、足るを知って生きるために、喜びととらえなおすことが出来る。この意味でも、苦しみは、慈悲の心の源にすることができる。

今の日本は以前よりも豊かさが減ったためか、将来への経済的な不安が増大している。しかし、世界・地球全体から見ると、やはり、特別に豊かで恵まれた国であって、飢え死ぬ訳ではない。

また、最近は、勝ち組・負け組と言って、自分を負け組と考えて、酷く落ち込む人も多いが、日本人を含めた先進国の人々は、世界の中で富を独占する存在で、しかも、日本は長寿で安全な国だから、客観的に見て、勝ち組であることは間違いない。

その日本人がかかえる将来の不安とは、本質的に何を意味しているのか。客観的には、贅沢や勝利に慣れすぎてしまった心の問題の側面があるのではないだろうか。だとすれば、その程度の不安があったとしても、それは本当に悪いことなのか。慈悲の心を培うよい機会・試練ではないのか?

仮にもし全く不安のない人生だったら、どんな人間になるのだろうか。例えば、他の苦しみを理解できるようになるだろうか金と名誉・勝利に満ち足りて、何の苦しみもない人生とはどんなものなのだろう。

かつてのフランス王妃マリーアントワネットは民衆がパンがなく飢えていた時に、「パンがないなら、なぜケーキを食べないの」と言って、民衆の怒りを買って、彼女は自らを滅ぼす結果となった。彼女の栄華は一時的だったが、その栄華が彼女を滅ぼす原因となった。

また、腹八分目に医者いらずと言う。食べ物も、それが過ぎれば、体には毒になるように、お金や名誉やその他のものも、それが過ぎれば、心の健康にとって毒にならないか。ならば、多少の不足・不安くらいは、本当に悪いことなのか。

このようにして考えると、楽にも苦にも感謝して生きる道がある。今、与えられている幸福に感謝すると共に、今、与えられていない苦しみに対しても、それを慈悲の源と感謝して、全ての感謝する道。楽にも苦にも感謝。一切に感謝。

そして、足るを知り、感謝の心がないならば、絶えず、今得ていないものを未来に求めて生きることになる。
しかし、それは、未来に生きようとしているようなもので、今現在の人生を楽しむことはできない。

今の楽にも苦にも感謝して、今、ここで、幸福になる。
今、ここの人生を感謝し、楽しむ。そこには、際限のない貪りから離れた平安な心と、奪い合いから離れた温かい慈悲の心が存在している。

オナ禁教信者の皆様へ

オナ禁教信者の皆様、毎日オナ禁頑張っていますか。精進していますか。入信するだけではなく、実際にオナ禁を実践しなければ、オナ禁の恩恵にあずかることはできません。まだ、実践していない人は今日からはじめましょう。もちろん私はオナ禁を続けております。
某宗教団体では禁欲の戒律を設けてそれを信者に守らせていたにも関わらず、当の教祖はイニシエーションを称して性欲を満たしていたようですが、言語道断です。全くもって説得力がありません。
オナ禁教が共有する目的はただ一つ。オナ禁を続けることだけです。そこに、地位も身分も信者も教祖も関係ありません。オナ禁をする人間こそが正しいのです。

オナ禁は世界を救います。このまま人間の欲望が増殖し続ければ、資源は枯渇し、環境は汚染され、争いによって世界は破壊しつくされてしまうことでしょう。全ては人間の際限なき、欲望によって引き起こされるものです。

オナ禁は過剰な欲望を鎮めることにつながります。人々が自身の過度な欲望を認識し、貪りの心を鎮め、思いやりの気持ちを持てば世界全体の幸福度は増加していくのです。つまりオナ禁は世界を救うことに等しいのです。

また、オナ禁には素晴らしい効能があるにも関わらず、それが世間にはあまり認知されていないのが実情です。私がオナ禁教を開設して少しずつ、信者は増えてきていますが、世界を救済するにはまだまだ少ないと言えます。

そこで皆様にお願いがあります。オナ禁教を皆様に布教していただきたいのです。布教の方法は、はてなブックマークツイッターによるオナ禁教記事の拡散、自身のブログへの言及など、なんでも構いません。
この腐敗した世界を救済できるかどうかは、信者の皆様の信仰にかかっております。ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。

最後に、皆様のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

貪りは幸福を遠ざける

僕がオナ猿だった頃は、普通の映像では全く興奮できなくなっており、かなり過激なものに傾倒していた。ドーパミンに脳が蝕まれており、性的快楽に対する感受性が死んでいた。
人は快楽にはすぐになれて、だんだん現状の刺激ではもの足りなくなり、より大きな刺激を求めてしまう。例えば月給20万円の人は、それが30万円になれば、30万円貰い続けることに慣れてしまう。それが景気が悪くなったり、業績が悪くなったりして、30万円だったものが20万円に戻ると、そこに「なんで20万円しか貰えないんだ」という苦しみが生まれる。

職場に昼食にコンビニの弁当を2つ買う奴がいる。(朝飯、夜飯を抜いているわけじゃない)節約・節制のために1つだけにしようとしているようなのだけれど、弁当を2つ食う快楽に脳が慣れているので、昼食が弁当1つなのは苦痛なようで、なかなか1つにすることができないでいる。

このようにして、過剰な欲望や快楽はそれを満たすことができないと、苦しみを生むことになる。たとえ現状は満たすことができていたとしても、その快楽に脳は慣れてしまい、より大きな快楽を求めるようになる。やがて、それを満たすことができなくなったとき、より大きな苦しみが生じるのだ。

資本主義は欲望を正当化する。人は自分の欲望を満たせば満たすほど、幸福になれると信じているけれど、果たして本当にそうだろうか。欲望を過剰に満たせば満たすほど、それを満たせなくなったときに不満が生まれる。人が本当に幸福になるために必要なこと、それは「足るを知る」ことではないだろうか。

足るを知らなければ人はいつまでたっても欲望に振り回されるばかりで幸福に至るのは難しい。他と比較して、自分に無いものを嘆くのではなく、現在の自分が持っているものに目を向けて感謝することができれば心の充足、ひいては安寧を得られるのではないだろうか。

快楽の果てにあるもの

刑務所の中」という映画を観たことがあるだろうか。その名の通り刑務所の中の生活が描かれており、受刑者が食事をするシーンがとても印象的な映画だ。刑務所の食事ではパンが支給される「パンの日」というものがある。なんのことはないふつうのパンに、小倉あずきとマーガリン、そしてフルーツが皿にのせられているのみである。受刑者は皆このパンの日を楽しみにしており、何もないただのパンに小倉あずきとマーガリンを塗りつけ美味しそうに食す。
主人公はパンを食べながらこう回想する。「子供の頃に生まれて初めて食べた生クリームパンよりも、学校帰りに食べた揚げたてコロッケよりも何百倍も何千倍も美味いのだった。」

刑務所は娑婆に比べると、娯楽が少ない。自分の食べたいものを食べたいときに食べたいだけ食べることができない。故に、たまに支給される甘味のあるパンやフルーツがとても美味しく感じるのだろう。

オナ猿は言わばこれと逆の状態だ。毎日手しごきをしていると、その快楽・刺激が当たり前になり、快楽を感じづらくなる。普通の刺激ではもの足りなくなってしまうのだ。
手しごきをすることで放出される快楽物質ドーパミンにはそれを受け取るための受け皿である「ドーパミン受容体」というものがあり、ドーパミンの量が増えると受容体の数も増えていく。そして受容体が増えた状態でドーパミンの量が減ると、欲求が満たされなくなり、ドーパミンの放出量が低い行為や刺激を「退屈だ」「つまらない」と感じるようになる。これが「耐性」だ。

耐性ができると、もっと強い刺激、ドーパミンを分泌させないと快楽を感じることができなくなるため、普通のポルノでは満たされなくなり、現実世界にはあり得ない刺激を求めるようになる。これにより、現実世界でのコミュニケーションや生活がつまらなく感じ、やる気が出ず、鬱気味になったり精神を病んでしまうのだ。
これは『ダウンレギュレーション』と呼ばれ、依存症を作り出す脳の仕組みだと言われている。
手しごきを覚えたばかりのころは、下着が出てくる漫画レベルでも興奮で来ていたのに、回数を重ねるにつれて、もっと強い刺激を求めるようになるのはこれが理由だ。

オナ禁をすれば蝕まれたドーパミン受容体を正常に戻すことができる。いわば、なんの変哲もないパンを美味しく感じるようになるということなのだ。
オナ猿になってからずっと忘れていたあの高揚感。あのなんでもなかった日々の高揚感を取り戻そう。

刑務所の中 (講談社漫画文庫)

刑務所の中 (講談社漫画文庫)